【記事タイトル】ブログ初心者のための検索上位を狙うタイトルのつけ方

けい
けい

ブログを始めたばかりの人に試して欲しい

検索で上位表示されやすい記事タイトルのつけ方を紹介しています。

記事のタイトルをつけるとき、どのようにやっていますか?

キーワード選びと同様、なんとなくはわかっていてもどうやって決めたらいいのかわからず書き始めることも多いですよね。

もしも「検索流入」ではなく、ツイッターから、アメブロ内のファンから、はてなブックマークからのアクセスを見込むならば、ここで説明する「タイトルのつけ方」はあまり必要ありません。

ここでは、オーガニック検索で上位に上がりやすくし、少しでも多くクリックしてもらってアクセスを稼ぐための「タイトルのつけ方」を具体的な例をあげて説明しています。

記事を書き始める前の手順確認

まずは記事を書き始める前の手順をチェック。

  1. 「キーワード」を選ぶ。
  2. 「タイトル」をつける。
  3. 関連キーワードを抽出。
  4. 「見出し」に入れる関連キーワードを選ぶ。
  5. 「見出し」を作る。

ここでは②の「タイトル」のつけ方についての説明となります。

①の「キーワード」を選ぶ

この①に関しては、こちらの記事で選んだキーワードが正しくできているかどうかの確認方法を説明しているので参考にしてください。

「タイトル」をつける

さてさっそく本題の「タイトル」のつけ方です。

そんなの前から知っているよ~と思うかもしれませんが、あえて言います。

「タイトル」って超重要ですよ!!

タイトルの付け方次第で、アクセスが急上昇することもあれば、やり方が悪いとずっと日の目を見ない記事を量産してしまいます。

では早速、上位表示を狙うために注意する「タイトルの決め方」を重要度の高い順に上げます。

  1. 狙ったキーワードの順番を変えない。
  2. タイトルに入れるキーワードはなるべく左寄せで、ビッグワードほど左に置く。
  3. タイトルはなるべく30~40文字以内で、キーワードは必ず30文字以内に入れる。
  4. クリックしたくなるような魅力的なタイトルに近づける。

早速、キーワードを使ってタイトルを作ってみましょう。

では早速、こちらの記事で使ったこの↓キーワードの例を使って説明しますね。

「子供」「爪切り」「何歳から」

狙ったキーワードの順番はなるべく変えない

まずはキーワードの順番が正しいか再度チェックします。

ビッグワードほど左に置きますので、月間検索ボリューム数を確認してから順番を決めます。

  • 子供:1万~10万
  • 爪切り:1万~10万
  • 子供 爪切り:100~1000
  • 子供 爪切り 何歳から:10~100

上記がサーチコンソールで確認した月間検索ボリュームの数値です。

 

「子供」と「爪切り」はサーチコンソールでは同等のビッグキーワードですね。

「子供」は子育て系、「爪切り」は物販系が相性が良さそうです。

 

どちらを先に持ってくるかはブログの雰囲気に合う方で、ここでは「子供」を優先します。

そして次は「爪切り」最後に「何歳から」です。

もし「爪切り」の方がブログに合っているようなら順番を変えます。

狙うキーワードと順番は、検索ボリューム順にすると「子供>爪切り>何歳から」。

なので、そのままの順番で決定です。

タイトルに入れるキーワードはなるべく左寄せで、ビッグワードほど左に置く

狙っているキーワード:「子供 爪切り 何歳から」

このキーワードが決まったら、なるべく左端に位置するように文章を組み立てます。

悪い例)

自分で爪を切れない子のための子供にも安全な爪切りを紹介!自分で切れるのはいったい何歳から

*センスがないのはわかっているのでそこはスルーで・・・^^;

せっかく狙ったキーワードがタイトルの後半に入ってしまってます。

 

良い例)

子供が自分で爪切りできるのは何歳から?子供用安全爪切りもあるよ!

このように、なるべく左端に位置するように頑張ります。

順番も変えないようにするため、文章を組み立てるのが意外と難しかったりします。

多少文章がおかしくても【】や「!」や「?」、もしくは最終手段の「|」などで区切りを付けたりして何とかしてみましょう・・・^^;

なるべく30~40文字以内で、キーワードは必ず30文字以内に入れる

狙っているキーワード:「子供 爪切り 何歳から」

 

タイトルはなるべく30文字に抑えたいところです。

なぜならば、検索したときに表示できる文字数が30字前後が一番読みやすいから。

しかしながら40字以内ならばOKだと思っています。

私のブログでも40字前後のタイトルが多いのに、ちゃんと上位表示ができてるから。

「検索結果画面で表示されるのが30字前後だから」という理由以外にも、「読みやすさ」と「直感で記事の内容がわかる」ことを重視して30文字くらいが理想です。

 

悪い例)

自分で爪を切れない子のための子供にも安全な爪切りを紹介!自分で切れるのはいったい何歳から

*何度も言いますが、これは悪い例なので・・・

黄色マーカーまでが30文字。

30字以内にキーワードが盛り込まれていません。

タイトルも全部で45文字。

 

良い例)

子供が自分で爪切りできるのは何歳から?子供用安全爪切りもあるよ!

30字以内にキーワードの3語全てが入っています。

全体も30字にまとまっているので、形としては理想です。

 

文字数を少なくするのにはいろいろ工夫が必要なときもありますので、なるべく同じ語句を繰り返さないというのも一つのコツです。

但し、どうしても順番を変えないと文章が成り立たない時やどれか1語を先頭で際立たせたいときなどは、文字数は増えますが「順番通りのキーワード」+「もう一回どこかにキーワード」で入れても大丈夫です。

 

ではここで私が苦渋の作で実際にキーワードを2回入れちゃった例を見ていただきましょう。

「【記事タイトル】ブログ初心者のための検索上位を狙うタイトルのつけ方」

なんとこの記事なんですねー!!^^;

「タイトル」が二回も入っています。

*この記事は検索上位を狙っていないため検索ボリュームのチェックはしておりませんのでご注意を。

パッと見てわかりやすいように【記事タイトル】を頭に持ってきてみました。

そのあとに、内容がストレートにわかるように説明しています。

2回同じ語句を入れちゃってる例でした!

クリックしたくなるような魅力的なタイトルに近づける

さて、ここからがあなたのセンスが発揮されます。

もし上記の良い例のように30字以内に収められたなら、語尾に10文字くらいを追加してもOK。

 

キーワードの順番を変えず、なるべく左に置いて30文字以内に入れたうえで、更にもう少し魅力的なタイトルに仕上げられるようなら挑戦してください。

私にはここが難しいところなのですが・・・。

 

注意する点は、センス発揮は一番優先度が低いということ。

もっと魅力的なタイトルにしたいのは痛いほどわかります!

私もそうでした!!

ただ、弱小ブログのうちはここはグッと我慢です。

記事の一つ一つが検索で上がってくるようになり、運営歴も長くなりドメインも少しずつ強くなってきたら、だんだんと上位に上がりやすくなってきます。

強いドメインまで成長したならば、「魅力的なタイトル」を優先しても上がるときは上がります。絶対に。

だから最初のうちだけ少し我慢してこれを続けてみてください。

 

それでもこのダサいタイトルは嫌!という方は、

そのフラストレーションをアイキャッチで解消するという技があります。

タイトルは魅力的にできずとも、アイキャッチには理想のタイトルを自由に入れることができますね。

クリックさえしてもらえば、テキスト文字のタイトルよりアイキャッチの方が目に入りやすいし、同じことを意図する文章ならば、多少タイトルと違っても全然気にならないです。(気づかない人も多いくらい)

 

はい、ここでも実際に使っている例。

この記事のタイトルとアイキャッチのタイトルがイコールでないのはもうお分かりですね!?

さいごに

ここで説明したタイトルのつけ方は、初心者ブログでも検索上位に這い上がるための一手段です。

もしブロガーとして有名になって、ブロガー本人の人間性・カリスマ性などの魅力でファンがついた場合、タイトルのつけ方なんて気にしなくて良くなると思います。

例えば、芸能人のアメブロのようなブログでは、「今日は〇〇に行きました」とか、「〇〇美味しかった~!」くらいのタイトルでもバンバンアクセスが来ますよね。

ただ、タイトルを見ただけで記事の中身がわかり、その中身を読みたいと思って検索してくる人の目に届くことはとても大切なので、私はまだこの方法でのタイトル付けを続けています。

タイトルのつけ方がわからない、検索流入がなかなか増えないとお悩みの人にはぜひ試してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました